soiboshiさんの評価レビュー

»一覧へ

不正解する異方

観賞手段:動画サイト
ネタバレ
作品としては、CG技術が素晴らしかったです。
布や髪のなびき、人物の表情などがCGとは思えないほどでした。
また、視聴者に様々な種類の疑問を投げかけてくるという面でも、
視聴してよかったと言える作品です。
後味がモシャモシャしますが。

そとの次元から現れた異方の存在・ヤハクィザシュニナは、
人類に対し、オーバーテクノロジーのアイテムを差し出して、
その結果もたらされるであろう著しい発展や進化を促し、
それに伴って生じる膨大な情報を得ようとする。
しかしやがて、異方からすれば取るに足らない存在である人類が、
自分にもたらしたものに気づくのです。

これが遅かったですね。

初めは無機質なもののようであったザシュニナが、
主人公の真道とすごすうちに人間味を帯びてくるところは、
もっと丁寧に尺をとって描かれたらよかったのにと感じました。
1話から俗に言うBLに発展しそうな描写がちらほらありましたが、
BLに関係なく、心の機微をつぶさに描いてほしかったかな。
最終回は、どうしてここまでされないとならないのかと思い、
いたたまれなくなりました。脚本家の狙いでしょうが。

ストーリイ展開は、後半軸がブレた印象。
軸がブレて違うSFになってそのまま終わった感じです。

沙羅花は可愛らしいし、言いたいことも判る。
ありのままの人類を愛しているので余計な手を加えてほしくない。
ザシュニナはお節介もいいところなので早く異方に帰ってほしい。
気持ちは判るし、沙羅花がストーリイの本筋に大きく関わって
くることは、人類側の交渉官であることからも推測されましたが、
そうか、こういう展開か、と思わされました。

このあたりはストーリイとしては面白いのですが。
今作品の本題としては違う気がしました。

真道は、0話がいちばんよかったかな……
序盤がよかった。かれが悪いわけじゃないんですけどね。
なぜ、出会いから懇意にしていたザシュニナに
手のひらを返すようなことをして、結果命を落としたのか。
納得のいかない部分ではあります。
沙羅花に感化されていたのでしょうけども。

あと、最終話で死んでいるのに、死んだあとにスマートフォンの
動画に子供を抱いて映っているのは、時間軸が違う世界だから
でしょうか。でも部下の花森くんが「ぼくが育てた」と
言っていますし、現実世界で16年ぶんの年を取っていますよね。
このへん、整理しないとよく判らない。

結局、この『正解するカド』は、人類が主役の話ではなく、
異方存在にウェイトがあり、異方存在が人類をどうにかしようとし、
あるいは助ける、という作品になっているため、
視聴者の評価が割れるのではないかと予想します。

期待や予想を裏切られるのも作品に触れる醍醐味ですが、
自分が飲み込むには大きいものや味の違うものは避けられる、
という現実があるのではないでしょうか。

総評では観てよかったと思っていますが、
最終話だけは繰り返して観たいとは思えません。
soiboshi
soiboshi
ストーリー
4.0
作画
5.0
キャラクター
5.0
音楽
5.0
オリジナリティ
4.0
演出
4.0
声優
5.0
5.0
満足度 4.0
いいね(0) 2017-07-02 11:47:32

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!

最近チェックされたアニメ