よるなるさんの評価レビュー

»一覧へ

設定が良くわからない、キャラクターは良かった

観賞手段:テレビ
ネタバレ
日露戦争後に地殻変動によって日本の地形が変わり、平地の殆どが水没した結果、メガフロートのような海上都市が大量に出来て海運大国になったという舞台設定。あえて触れてないけど、つまり太平洋戦争はどうなったの?大和や武蔵などの戦艦が作られている以上まったく無かったわけではないだろうし、何もしなければ欧米に飲み込まれていだろう。船が残っているということはまさか勝ったのか?本土の多くが水没しているので大陸への執着もより強かったのではないかと思う。

兎にも角にも、軍艦が民間用に転用されてブルーマーメイドという海上治安維持組織が使用するようになって現代に至る。武蔵のような大戦艦であっても十数名で運用できるような近代化が施された艦艇を女子高生だけで運用し、しかも実弾が使用できる。ブルーマーメイドの始まりは「戦争に使わないという象徴として艦長は女性が務めた」ことだったのですが、現代にはホワイトドルフィンという男性の治安維持組織が存在。男女平等の観点からなのか、ブルマーだけでは治安が維持出来なくなったからなのかは作中でははっきりとは表現されてないが、仮に後者であるならかなり混沌とした世界情勢なのだろう。

またキャラクターを大切にし過ぎて演出的に問題を感じた。離脱者が出れば良かったとまでは言わないが、実弾を使った戦闘が何度かありながら、流血ゼロ。ガールズ&パンツァーの場合は試合であり、試合用の砲弾を使っていたので不思議な話ではないが、こちらの場合はそういうわけでもなく違和感が凄い。逆に主人公が決戦前に怪我人が出ることを恐れていたが、これまでほとんど人的被害が出ていないのに想像力が豊か過ぎる。怪我人は何人か出ていて、死者が出ることを恐れていたなら、主人公の悩みも分かりやすかったかもしれない。

どうなったのかは分からないが、最後フルボッコになっていた武蔵では、ラットに感染し凶暴化して好戦的になっていた生徒たちが全員安全な場所で大人しくしていて無傷なんてことはまず無いと思うのだが・・・。そこも含めて後日談が全くないのも非常に後味が良くなかった。

キャラクターに関しては文句はない。出番が少な過ぎてあえて設定を付ける必要が無いと感じたキャラクターも何人かいたが、皆それぞれ個性的に表現出来ている。

作中の話の大まかな流れも主人公が成長と挫折を繰り返しながらヒロインを助けに行く王道的なものだと感じた。細かいところで上記の様な違和感は多々あったが及第点だろう。
よるなる
よるなる
ストーリー
3.5
作画
4.5
キャラクター
5.0
音楽
-
オリジナリティ
3.5
演出
3.0
声優
-
-
満足度 4.0
いいね(0) 2016-07-14 09:08:47

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!

最近チェックされたアニメ