りーるさんの評価レビュー

»一覧へ

はじめて泣いた映画

観賞手段:テレビ、ビデオ/DVD
子供の頃に見て、はじめて泣いたアニメ映画です。

戦争の悲惨さや原発の恐ろしさを描く、名作中の名作だと思う。
戦争映画といえば兵隊の死や戦闘といった映画が多い中、
街の人たちや戦争の中を必死で生きようとする子供、
そういった部分を中心的に描きながら戦争の悲劇を伝えることに成功している稀有な映画です。

以前は夏になると毎年TVで放映していましたが、いつの間にかなくなってしまいましたね。
戦争描写に関する規制が少しずつ出始めている気がするので、
こういう映画こそ残して毎年放映するべきかと思います。
りーる
りーる
ストーリー
-
作画
-
キャラクター
-
音楽
-
オリジナリティ
-
演出
-
声優
-
-
満足度 5.0
いいね(0) 2014-08-09 07:41:15

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!

最近チェックされたアニメ