火垂るの墓

»作品トップ

評価レビュー(7)

ストーリー
5.00
作画
5.00
キャラクター
5.00
音楽
4.50
オリジナリティ
4.75
演出
4.88
声優
4.88
5.00
満足度 4.21
表示件数:
  • 1
  • 1/1ページ
並び順 :
投稿順  | 
評価順
評価レビューを投稿/編集
小学生のころに初めて見たときから、包帯で巻かれている姿のシーンは辛くて堪りません。加えて、大人になった今では終盤のシーンも余計に辛く感じるようになりました。それでも5年に一度くらいは「見なければならない」作品だと思っています。
いいね(0) コメント(0) 2014-08-09 12:52:15
子供の頃に見て、はじめて泣いたアニメ映画です。戦争の悲惨さや原発の恐ろしさを描く、名作中の名作だと思う。戦争映画といえば兵隊の死や戦闘といった映画が多い中、街の人たちや戦争の中を必死で生きようとする子供、そういった部分を中心的に描きながら戦争の悲劇を伝えることに成功している稀有な映画です。以前は夏になると毎年TVで放映していましたが、いつの間にかなくなってしまいましたね。戦争描写に関する規制が少しずつ出始めている気がするので、こういう映画こそ残して毎年放映するべきかと思います。 >>続きを見る
いいね(0) コメント(0) 2014-08-09 07:41:15
ただ、戦争の悲惨な体験を描いた映画というだけではなくの自然の美しさ、小さな子どもの素朴であどけない表情、しぐさもアニメで正確に表現できていて、見ごたえがあり心を打ちます。個人的に気持ちが落ち込んでいる時は正直見れませんが、是非未来に残していってほしい作品の一つです。
いいね(0) コメント(0) 2014-08-06 00:57:18
ネタバレこの評価レビューにはネタバレが含まれています。表示する場合はここをクリックしてください
いいね(0) コメント(0) 2014-08-05 18:06:39
何度見ても涙なしではみられません。戦争映画なのに、なぜかみんな見てしまうというのがすごいと思います。せっちゃんが本当に可愛くて、余計に涙がでてしまいます。見たあと誰もが自分の感想を話はじめてしまうという本当に力のあるすごい映画だと思います。
いいね(0) コメント(0) 2014-08-03 21:57:08
みぃっちょ

5.0泣きたいときに

みぃっちょ
泣きたいときに、鉄板で泣ける映画です。戦争の悲惨さが、直接的ではなく、感情に訴えかけながら、じわじわと胸に刻まれていくような感じです。空襲で母と家をなくし、二人だけで生きていこうとする兄妹。でも、大人ですら生きることに精いっぱいの時代の中で、それはとても難しく。それでも、お互いにお互いを拠り所にして、思いやって、”生きよう”とする姿には、本当に心を打たれます。ドロップを見ると、この映画を思い出す、そんな記憶に残る映画です。
いいね(0) コメント(0) 2014-08-01 16:16:49
imuma

3.0夏の終わり

imuma
ネタバレこの評価レビューにはネタバレが含まれています。表示する場合はここをクリックしてください
いいね(0) コメント(0) 2014-08-01 15:30:01
評価レビューを投稿/編集
表示件数:
  • 1
  • 1/1ページ
最近チェックされたアニメ