バイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼

OVA
開始時期:
1996年秋
発売日:
1996年9月21日
制作会社:
-
ジャンル:
ファンタジー
声優:
岩永哲哉、岡本麻弥、玄田哲章西村知道、荒川太朗、冬馬由美久川綾、岩男潤子
スタッフ:
監督:富野由悠季、脚本・絵コンテ:富野由悠季、キャラクターデザイン:大貫健一/杉光登、作画監督:杉光登、美術監督:廣瀬憲義、音響監督:岩波美和、音楽:鷺巣詩郎、プロデューサー:佐川知之/宮野洋美/五十嵐智之/藤家和正/金田一健

日系二世の浪人生千秋クリストファは、故郷に帰る途中、白鳥の翼のような白い光に包まれて幽体離脱し、一方は地上の世界に残り、もう一方は異世界=バイストン・ウェルへと落ちていってしまう。バイストン・ウェルではメトメウス族のケッタ・ケラスたちが、自分たちを奴隷として使役するアシカバ族の王宮建設現場からまさに脱出しようとしていた。その戦いの中に突如出現したクリス。彼は伝説の聖戦士“ガーゼィの翼”さながらの光の翼に包まれて、羽根付きの妖精フェラリオとともに現れた。聖戦士の登場に意気を挙げるケッタ・ケラスたち。その勢いに臆したアシカバの戦士を後目にメトメウス族の脱出は成功する。アシカバ族の王フングンは、騎士サギゾアと恐獣軍団の将ウンドによって彼らを追撃させメトメウス族を根絶やしにするよう命令する。実戦経験のないままケッタたちの仲間となり逃亡生活を続けるクリスだが、先祖から伝わる土鈴で、地上世界のもう一人の自分と連絡をとりながらアシカバ族の追撃部隊を撃退する。最初はクリスを信頼していなかった女戦士リーリンスたちも、クリスを聖戦士として認めるようになる。しかし、怒った敵の将ウンドは恐獣軍団をひきいて、逃亡するメトメウス族に総攻撃をかけようとしていた。一方、地上のクリスはエネルギーをバイストン・ウェル世界に取られてしまい、寝込んでしまう。心配して看病する恋人・留美子もようやく異世界の存在に気づき始める。激しい戦闘が続く中、メトメウス族の巫女ハッサーンは、もういちど“ガーゼィの翼”を呼ぴ出すべく鈴をふり続ける。しかし、アシカバ族の攻撃はさらに激しさを増していく。体力、精神力のすべてを出して戦うバイストン・ウェル世界のクリス、そして意識を失い朦朧とする地上のクリス。果たしてクリスは、メトメウス族を勝利に導けるだろうか?そして地上の世界に戻れるのだろうか?

満足度-
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(0)

この作品の評価レビューはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

作品詳細

原作/原案 原作:富野由悠季「バイストン・ウェル物語 ガーゼィの翼」(アスペクト刊 ログアウト冒険文庫)、キャラクター原案:末弥純 制作国 日本
主題歌 【ED】MAJESTY「Wings of my heart」
公式サイト http://db2.geneonuniversal.jp/contents/hp0003/list.php?CNo=3&AgentProCon=8787