しゃんさんの評価レビュー

»一覧へ

つなぎの物語

観賞手段:劇場
ネタバレ
キャラクターの立ち位置がまだ判明していない2話でギャグ回をやってみたり、異能バトルものなのに異能ではなく人間関係に重きを置いたりと、斬新さが印象的だった『K』ですが、劇場版でも期待を裏切らず、一期の主人公、シロが全く登場しないという荒業をやってのけていました。
劇場版は往々にしてTVシリーズの再編集版になりがちですが、この作品は完全なる新規ストーリーです。しかし、内容が一期と二期のつなぎなので、独立した映画として観ると全く意味がわからないと思います。劇場公開するには、楽しめる層があまりにも限定されているので、むしろOVAのような形で発表した方が良かったのでは?

ストーリーの中核は、赤のクランの再建にあります。王である以上に一人の男として大きな存在感を持っていた周防尊の死から、各人がどう立ち直っていくかを描いています。本人を直接掘り下げるのではなく、周りの人物とのかかわり合いからキャラクター性を浮き彫りにしていく手法はやはりとてもKらしく、巧みさを感じました。
ただ一方で、ここをこれだけ丁寧にやって残りの伏線どうするんだ…?という不安もなきにしもあらず。赤のクラン以外の要素はとっちらかったままなので、全体的には雑な印象を受けました。

『マルドゥック・スクランブル』三部作ほどのオリジナリティはなくとも、作画の安定感はさすがのGoHands。人気声優陣の「カッコいい」感じの台詞回しは若干食傷気味でしたが、アンナの振り絞るような演技はとてもよかったです。
しゃん
しゃん
ストーリー
3.0
作画
5.0
キャラクター
3.5
音楽
4.0
オリジナリティ
4.0
演出
4.0
声優
3.5
3.5
満足度 3.5
いいね(0) 2015-04-18 21:55:20

ログイン/会員登録をしてコメントしよう!