バイオハザード:ディジェネレーション

アニメ映画
開始時期:
2008年
上映開始日:
2008年10月18日
制作会社:
デジタル・フロンティア
ジャンル:
アクション
声優:
山野井仁、甲斐田裕子、安藤麻吹、竹田雅則、矢島晶子、広瀬正志、江原正士小山力也
スタッフ:
監督:神谷誠、脚本:菅正太郎、プロデューサー:小林裕幸、共同プロデューサー:植木英則、製作総指揮:辻本春弘、CGプロデューサー:豊嶋勇作、CG監督:土井淳、音楽:高橋哲也、音響監督:鶴岡洋太、音響デザイン:笠松浩二

ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したt-ウィルスには生物を凶暴化させる効果があった。 しかし、このウィルスが感染拡大したことにより住民らがゾンビ化したため、米国政府はミサイル攻撃による <滅菌作戦>を実行し、ラクーンシティは消滅することになった。 忌まわしい事件から7年。惨劇は再びアメリカ中西部工場都市の空港で起ころうとしていた。 バイオテロや薬害被害者救済を行うべく、NGOに所属していたクレア・レッドフィールドは空港利用客の中にゾンビを発見。警備員が噛まれたことを発端に続々と一般客や空港職員が感染していき空港内は大パニックとなる。 時同じくして、空でも旅客機内でウィルス感染者が出たことで緊急着陸するべく空港へ向かったが、パニックになっているロビーへ激突してしまう。 さらに機内から降りてきた乗組員や乗客らは皆ゾンビ化していた。 一方、合衆国大統領は直轄のエージェント、レオン・S・ケネディに任務を受け、事態鎮圧の特別指揮官として空港へ向かわせるが・・・

満足度2.00
ストーリー
-
オリジナリティ
-
作画
-
演出
-
キャラクター
-
声優
-
音楽
-
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • りーる

    2.0繋ぎとしてなら

    空港のシーンが最高潮だと思います。全体としては、ゾンビ映画に必要な、もうどうしようもないという感覚、世界終末的な感覚は全くなく、ゲームに出てくるキャラクターたちを活躍させる場を作っただけのように感じられてしまいます。ゲー...>>続きを見る

    りーる 2014-08-09 12:54:41 コメント(0) いいね(0)

関連ニュース

バイオハザード、2017年内公開の新作フルCGアニメ映画のタイトルが決定! イタリア老舗バイクメーカー・Ducatiとのコラボも

バイオハザード、2017年内公開の新作フルCGアニメ映画のタイトルが決定! イタリア老舗バイクメーカー・Ducatiとのコラボも 2016-03-25

2017年内公開のアニメ映画「バイオハザード」より、タイトルが発表された。これは、フルCG映画版「キャプテンハーロック」が世界的ヒットを記録したセガサミーグループのCGアニメーションスタジオ「マー... >>続きを見る

作品詳細

原作/原案 - 制作国 日本
主題歌 【ED】土屋アンナ「GUILTY」