開始時期:
2013年夏
上映開始日:
2013年6月22日
制作会社:
-
ジャンル:
ドラマ
スタッフ:
監督:イグナシオ・フェレーラス、脚本:アンヘル・デ・ラ・クルス/イグナシオ・フェレーラス/パコ・ロカ/ロザンナ・チェッキーニ、音楽:ナニ・ガルシア、字幕翻訳:金関いな

かつて銀行に勤めていたエミリオは、認知症の症状が見られるようになり、養護老人施設へと預けられる。同室のミゲルは、お金にうるさく抜け目がない。食事の時のテーブルには、面会に来る孫のためにバターや紅茶を貯めている女性アントニアや、アルツハイマーの夫モデストの世話を焼く妻ドローレスらがいる。施設には様々な行動をとり、様々な思い出を持つ老人達が、日々の暮らしを送っている。そして重症の老人は2階の部屋へと入れられることがわかる。エミリオはある日、モデストと薬を間違えられたことで、自分もアルツハイマーであることに気づいてしまう。ショックで症状が進行したエミリオは2階へ送られる日も遠くない。そんなエミリオのことを思い、ついにミゲルはある行動に出るのだった...

満足度4.50
ストーリー
4.00
オリジナリティ
5.00
作画
3.50
演出
4.50
キャラクター
4.50
声優
3.00
音楽
3.00
-

ヒトコト (0)

この作品のヒトコトはまだ投稿されていません。
皆さまの投稿をお待ちしています。

評価レビュー(1)

  • くのくの

    4.5人生の終末期に見えるもの

    老人ホームという閉じられた舞台で繰り広げられる一人の男性の物語りです。アルツハイマーや老いという商業アニメでは余り見られないテーマを真摯に扱った秀作。登場する老人達の人生模様が丁寧かつユーモラスに描かれていて、暗くなりが...>>続きを見る

    くのくの 2014-08-05 22:21:17 コメント(0) いいね(0)

作品詳細

原作/原案 原作:パコ・ロカ『皺』(小学館集英社プロダクション刊) 制作国 スペイン
公式サイト http://www.ghibli-museum.jp/shiwa/news/009313/